<menuitem id="thzlz"></menuitem>
<cite id="thzlz"></cite>
<var id="thzlz"></var>
<menuitem id="thzlz"><strike id="thzlz"></strike></menuitem>
<var id="thzlz"><strike id="thzlz"><listing id="thzlz"></listing></strike></var>
<cite id="thzlz"></cite>
<var id="thzlz"><video id="thzlz"><thead id="thzlz"></thead></video></var>
<cite id="thzlz"></cite>
<menuitem id="thzlz"><strike id="thzlz"></strike></menuitem>
<cite id="thzlz"><span id="thzlz"><menuitem id="thzlz"></menuitem></span></cite><var id="thzlz"></var>
<ins id="thzlz"><span id="thzlz"><menuitem id="thzlz"></menuitem></span></ins>
<var id="thzlz"></var>

環境にやさしい天然コルク建材、コルクタイルやフローリング床材、各種コルク材なら東亜コルク。

ホーム › コルクのある暮らし › コルクの選び方 › コルク選びの基礎知識

コルク選びの基礎知識

コルクのどんなことが、どんな機能?性能に繋がるのか。
コルク建材全般にあてはまる「基礎知識」をまとめてみました。

厚み

コルク建材を調べるとき、まず見ていただきたいのは「厚み」です。厚みがあるほどコルクの防音防振性?クッション性?斷熱性?感觸等が向上します。床材の場合は耐久性にも大きく影響します。コルクタイルの場合では、表面のコルクシートの厚さが少なくとも3mm以上のものを選ぶようにしてください。コンクリートモルタル下地の場合は、密度の少ないコルクフェルトを敷いて、その上に仕上用コルクタイルを施工する二重貼りによって、コルク性能をさらに向上させます。衝撃性能も100G以下で安全です。

表面加工

表面加工イメージそのまま使うコルクタイルを除いて、多くのコルク建材は表面に各種の加工がされています。弊社の表面加工には、主にソフトセラミック仕上、強化ウレタン仕上、天然オイル仕上、特殊樹脂ワックス仕上などの方法があり、それぞれ特徴?メンテナンス性?予算などの點で長所?短所が異なります。使い方?使う頻度などとのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

サイズ

表面加工イメージ

弊社がご用意するコルクタイル?コルクフローリングは
サイズが決まっています。

コルクタイル:300×300mm
コルクフローリング:150×900mm

コルクタイルなら、1平方メートルには約11枚必要になります。

下地処理?施工方法

部材?接著剤?メンテナンス?ワックスコルク製品の多くは、下地が木でも、コンクリートでも施工できるようになっています。なお、コルクの性能を活かし、環境にも配慮するためにも専用接著剤を使用してください。

ページの先頭に戻る
東亜コルク株式會社
(一社)日本建築材料協會員 日本複合?防音床材工業會員
本社:大阪府大東市新田中町5-1 TEL:072-872-5691 FAX:072-872-5695
東京営業所:東京都臺東區元淺草2-7-14 TEL:03-3833-5691
(C)Toa-Cork Co.,Ltd. All Rights Reserved.
アドビリーダーのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。
フラッシュプレイヤーのダウンロード
Flashムービーをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているFlash Playerが必要です。
中文字幕在线中文乱码不卡24,欧美老熟妇乱XxXXX,小14萝裸体自慰洗澡,亚洲午夜爱爱香蕉片
<menuitem id="thzlz"></menuitem>
<cite id="thzlz"></cite>
<var id="thzlz"></var>
<menuitem id="thzlz"><strike id="thzlz"></strike></menuitem>
<var id="thzlz"><strike id="thzlz"><listing id="thzlz"></listing></strike></var>
<cite id="thzlz"></cite>
<var id="thzlz"><video id="thzlz"><thead id="thzlz"></thead></video></var>
<cite id="thzlz"></cite>
<menuitem id="thzlz"><strike id="thzlz"></strike></menuitem>
<cite id="thzlz"><span id="thzlz"><menuitem id="thzlz"></menuitem></span></cite><var id="thzlz"></var>
<ins id="thzlz"><span id="thzlz"><menuitem id="thzlz"></menuitem></span></ins>
<var id="thzlz"></var>